MixWeber@blog

Photoshopで手軽にカッコイイデザインを作ってみる【その2】

Photoshopで手軽にカッコイイデザインを作ってみる【その2】

今回も引き続き、グラフィックについて書きたいと思います。

お題は流線型のデザインになります。

これもお手軽にカッコ良く作れると思います。

では、以下が手順となります。

更新日:

  1. 1

    Illustratorで元になるオブジェを作成。

    Illustratorで元になるオブジェを作成。

    今回はIllustratorも使用します。

    ここでは元になる流線型のオブジェを作成していきます。

    まずは、適当なキャンバスの大きさにパスを描いていきます。

  2. 2

    ブレンドツールを使用して滑らかな線を演出する。

    ブレンドツールを使用して滑らかな線を演出する。

    はい!でた!!

    コレを使えば誰でもそれらしい物が出来ちゃいますよ♪

    まずは、[オブジェクト]→[ブレンド]→[ブレンドオプション]を選択。

    次は、[間隔]を[ステップ数]へ変更し、数値を入力する。

    数値を高くしすぎると、線が入り乱れて汚くなってしまうので、注意が必要です!!

    今回は70に設定しました。

  3. 3

    作製したオブジェをPhotoshopへコピーし、配置を決める。

    作製したオブジェをPhotoshopへコピーし、配置を決める。

    [2]で作製したオブジェをPhotoshopへコピーします。

    コピーし終えたら、配置を決めて全体の構造を決めます。

    今回は新たに3枚複製し、アシンメトリーを構成しました。

    周りの部分は余計なものだったので、マスクしました。

  4. 4

    背景を作製。

    背景を作製。

    背景を作製します。

    今回は黒から微妙な黒へとグラデーションを掛けてます。

    オブジェにも着色する事を想定して、背景の配色を考えるのがベストだと思います。

  5. 5

    オブジェにグラデーションを加え彩る。

    オブジェにグラデーションを加え彩る。

    今回は虹色に作製し、派手にしてみました。

    この時、オブジェクトのレイヤーを複製し、バックアップとして残しておき、
    レイヤーを統合した後にグラデーションを掛けた方が良かったので、その手法をとっています。

  6. 6

    ひと手間加えてみる。

    ひと手間加えてみる。

    [5]で作製したレイヤーを複製し、フィルタを加えます。

    [フィルタ]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]で処理をします。

    今回は10.5pixelに設定し適用しました。

    適用した後に、レイヤーをオーバーレイに設定します。

  7. 7

    タイトルを入れる。

    タイトルを入れる。

    まぁ、ここは前回と同様に個人のセンスにお任せしますw

    図はタイトルに光彩を加え、白の塗りレイヤーをマスクし不透明度を下げました。

  8. -

    まとめ

    以上で終了です、お疲れ様でした。

    これも慣れれば10分程度で作れると思います。

    オブジェを作る段階で、もっと複雑に組み上げる事で深みが増します。

    ではでは、また次もあればやってみます。